第6回国際OTECシンポジウム

OTEC Facility

国際OTECシンポジウムはこれまで2013年からハワイ・韓国・マレーシア・オランダ・フランスにおいて毎年開催されており、今年は沖縄県が開催地に決定しました。沖縄には2013年から運転を開始しているOTEC実証設備があります。

国際OTECシンポジウムは、2013年から毎年開催されている海洋温度差発電関連の世界最大規模の集会です。本シンポジウムには、OTEC分野、エネルギー分野、経済分野の専門家、NGO団体、世界各国の政府代表団が集まり、国際色豊かで興味深い講演や対話形式のセッションが2日間にわたって行われます。

イベント詳細

第6回国際OTECシンポジウムの2018年9月26・27日開催が決定しました。イベント詳細は決まり次第お知らせいたします。現在、9月28日に久米島のOTEC実証設備や海洋深層水関連施設を見学するオプショナルツアーの開催が決定しています。

第9回沖縄ハワイ海洋エネルギー及び経済開発シンポジウム&ワークショップと久米島ハワイアンフェスティバル2018も9月28・29日に併せて開催されます。

沖縄でお会いできるのを楽しみにしております。

Supported by

 
IOES
 
GOSEA
 
OTEC Foundation
 

©2018 第6回国際OTECシンポジウム実行委員会. All Rights Reserved.